お祝いの品を送る | 賞状や絵を飾り、部屋に映えさせるためには、額を選ぶ

賞状や絵を飾り、部屋に映えさせるためには、額を選ぶ

お祝いの品を送る

叙勲額に入れる勲章として、最も栄誉がある、大勲位菊花章や桐花大綬章は、国家や公共の人々に広く功績を残した人に与えられるものである。
これらの叙勲は、テレビなどでよくニュースになるように、国民からの知名度もある人が多い。
芸能人でもよく綬章される人がいるが、長年映画界などで活躍し、後進の教育にも熱心な人が多い。
こういった勲章にはあまり一般の人は縁がないと思いがちだが、叙勲額を持つ機会がある人は身近にもいる。
特に、高齢者で功績がある人は、高齢者受勲などが授けられる。
その他にも、危険業務従事者叙勲は、警察官や消防士などの国家公務員などに授けられる勲章で、国民に対して功績を残してきた人の努力が評される。
このように、身近な人が勲章を授与されることもあるので、叙勲額の作り方は知っておいた方が良いといえるのである。

叙勲額はお祝いの品として贈ることができる。
お祝いの品はその場に適したものを選びたいものである。
こういったお祝いの品は意外と選ぶことが難しい。
高級時計などがよく贈り物として贈られるが、こういった高級品は皆で資金を出しあって贈ることが多い。
受勲額であれば一万円から二万円なので、贈り物の金額としても適当である。
身近な人であれば、家の壁と合わせたものを作ることができる。
身近な人であるからこそ、叙勲された人に何を贈ればよいかわからなくなるが、叙勲額はピッタリの贈り物であるといえる。
叙勲額を注文するときは、賞状や勲章の大きさに合わせて、適当なものを選ぶべきである。