功績のある人 | 賞状や絵を飾り、部屋に映えさせるためには、額を選ぶ

賞状や絵を飾り、部屋に映えさせるためには、額を選ぶ

功績のある人

叙勲を送られることは、一つのことに専念し、業績を残してきた人にとって大きな栄誉となる。
業績を残すことは、人に褒められることで認められるものではない。
一つのことに専念し、突き詰めることは、栄誉を貰うために行なうものではないのである。
しかし、こうした叙勲を受けることは、業績が一つ社会的に認められた瞬間でもあり、それによって頑張ってきた成果が認められる気がするものである。
しかも、叙勲は栄誉となり、信用となる。
このため、信頼を示すために、会社や個人の応接間などに、叙勲額に入れられた叙勲を飾っているところがある。
叙勲額はこの叙勲を更に見栄え良く見せるためのものであり、栄誉を感じさせるものである。

こういった叙勲は栄誉となるものなので、簡単に授与されるものではない。
叙勲額に受賞した賞状などを飾っている人は、このため、敬意を表すべき人なのである。
叙勲額に入れられるような叙勲は、内閣が授与している。
授与は天皇が任命するもので、このため、叙勲額に入れる必要性を感じる人もいるのである。
内閣が定めている勲章には6つの種類がある。
叙勲額に入れられるのは、菊花章を始めとする勲章や、紅綬褒章などのような褒章がある。
その他にも叙勲額に入れたいと思うような重要な章には、高齢者叙勲や文化勲章、危険業務従事者勲章などがある。
特に高齢者叙勲は、88歳の高齢者に送られるもので、高齢化した日本では受賞する確率が高いものである。
このため、叙勲額は、菊花章など馴染みがない人でも扱う可能性がある額となっている。